生活関連サービス業

URコミュニティ様

在留外国人向け多言語通訳サービス

概要

多言語通訳サービスの導入による近年増加中の外国人入居者との円滑かつ的確な対応の実現

課題・背景

  • 外国人と、管理スタッフとのコミュニケーションにおける「言語の壁」に、双方が精神的に不安やストレスを感じる
  • スタッフは入居者のニーズが把握できず、手続きがスムーズに進まない、入居者はニーズを言い出しにくい、またはニーズを理解してもらえず思った通りの対応がしてもらえない
  • 文化の違い等から、日本におけるルールの詳細を問われることも多く、 「マナーを守らない」と近隣からのご意見・ご要望が絶えない

導入の効果

  • 双方のコミュニケーションの円滑化による、ストレスの軽減
  • スタッフの手続きの迅速化と業務の効率化、入居者のお困りごとの迅速かつ的確な解決
POINT 01

入居者とスタッフのコミュニケーションにおけるストレスがなくなる

「言語の壁」があるため、入居者、スタッフ双方とって、コミュニケーションをとること自体がストレスに感じるところがありましたが、「言語の壁」がなくなることでスムーズかつ積極的なコミュニケーションができるようになります。

 

POINT 02

コミュニケーションの円滑化による対応の迅速化と業務効率の向上

水漏れや排水口の詰まりなどのトラブル発生時の迅速な対応が必要な場面で、スムーズなコミュニケーションが取れることで正確な情報を得ることができ、スタッフは、適切な判断ができ迅速な解決につなげることができます。

 

POINT 03

入居者の満足度向上につながる

コミュニケーションにおける「言語の壁」がなくなった結果、入居者はスタッフへニーズを伝えやすくなることで、より良い住居環境を提供することができ、結果として入居者の方々の満足度向上につながります。