デジタルトランスフォーメーション

RPAソリューション

RPA国内シェアNo.1ツール「WinActor®」を導入し、提携業務を自動化。
生産性向上・働き方改革を支援します。

業務の効率化は、
RPA国内シェアNo.1
「WinActor®」にお任せ

「RPA国内シェアNo.1」、国内導入企業5,000社以上のRPAツールであり
Windows®端末で操作可能なアプリケーションへの定型化された業務を自動化するロボットです。
Excel®、ブラウザ、業務システムまで幅広く対応しており操作を規定するシナリオの作成も容易で、
プログラミング知識は不要です。
システムを改修することなく、入力ミスをなくし業務を効率化します。

導入によって期待される効果

  • 生産性向上
  • 商品・サービスの品質向上
  • コスト削減
  • 働き方改革・ワークスタイルの多様化

※ 「WinActor®」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です ※ NTTマーケティングアクトはWinActor®の販売店です

WinActor®による
業務自動化の方法

WinActor®が、さまざまなソフトウェアを操作し、業務自動化を実現します。

  1. 01

    操作手順をシナリオ化して
    自動で実行

    Windows®上で動くアプリケーションの操作手順をシナリオ化して、以後自動で実行できるようになります

  2. 02

    アイコン、入力欄画像を
    記憶して自動で実行

    アイコンや入力欄の画面を覚え、記録したアイコン・画像と同じ形状のものをクリックしたり、同じ入力欄にカーソルを移動させたりできます

  3. 03

    操作タイミングを座標で
    記録して自動で実行

    マウスの動き、キーボード入力やクリック操作のタイミングを座標で記録し、以後は自動で操作ができるようになります

  4. 04

    データの読み取り、
    書き込みを自動処理

    Excel®形式やCSV形式のデータファイルを対象に、ファイル名、シート名、セルの位置を指定して、データの読み取りや書き込みを自動で処理できます

他のRPAツールとの
違い・メリット

  • 純国産のRPAツール

    純国産RPAであることから、WinActor®は、日本語対応されており、日本語でのサポート体制、マニュアルが充実しています

  • 専門知識が不要な
    「簡易タイプ」

    RPAツールは、業務自動化シナリオを作成する際、開発やプログラミングの経験が必要な「専門タイプ」と、開発やプログラミング経験が不要な「簡易タイプ」に分けられますが、WinActor®は「簡易タイプ」となりPC1台から導入可能で、将来的に大規模な展開も可能なバランスのとれたRPAツールです

  • サーバー型、クライアント型
    双方に対応

    RPAツールはサーバーにインストールし全社的に実行する「サーバー型」と、PCにインストールしてデスクトップで実行する「クライアント型」の2つに大きく分類されますが、WinActor®は、双方に対応した「ハイブリッド型」です

WinActor®の特長

  • 多数のソフトに対応

    Windows®上※1で操作可能な
    ソフトに対応

  • 簡単操作

    GUI完備でプログラミング不要

  • コスト削減

    人件費の約1/3※2
    特別な設備は不要※3

※1 「Windows®」はMicrosoft Corporationの登録商標です。対応OSはWindows® 7 SP1、Windows® 8.1、Windows® 10、Windows Server® 2016です(2019年1月現在)。 ※2 一般事務業務を派遣社員により実施した場合の人件費(1日8時間×月20日×12か月)との比較です。 ※3 既存のPCにインストールする場合。

導入までの流れ

  • 問い合わせ
  • トライアル
  • 本格導入
  • 本格導入後のシナリオ改善
    自動化領域の拡大

動作環境

項目
概略仕様(ハードウェア環境)
CPU
2.5GHz以上のx86またはx64プロセッサー
メモリ
2.0GB以上
HDD
空き容量2.0GB以上
画面
1024×768が表示可能であるもの
サウンド
シナリオ中で音を出すためのサウンド機能(スピーカーを含む)
※音機能を使わない場合には不要
項目
概略仕様(ソフトウェア環境)
OS
Microsoft Windows® 7 SP1/8.1/10
WindowsServer® 2016
ウェブブラウザ
Microsoft Internet Explorer 11
※対象となる業務アプリケーションがInternet Explorerを使用する場合
※FirefoxやChromeについては、画像認識を使った自動操作、座標を指定した自動操作によって対応が可能
ライブラリ
.NET Framework 3.5/4.0/4.5/4.6/4.7
※対象となる業務アプリケーションが .NET Frameworkを使用する場合
アプリケーション
Microsoft Office 2007、2010、2013、2016
※Office連携時

※1 「Windows®」はMicrosoft Corporationの登録商標です。対応OSはWindows® 7 SP1、Windows® 8.1、Windows® 10、Windows Server® 2016です(2019年1月現在)。 ※2 一般事務業務を派遣社員により実施した場合の人件費(1日8時間×月20日×12か月)との比較です。 ※3 既存のPCにインストールする場合。

※ Microsoft、Windows®は、Microsoft Corporationの登録商標です。
Windows® 7、Windows® 8、Windows® 8.1、Windows® 10は、Microsoft Corporationの商品名称です。

VOCを起点に
CX DESIGNを導入。
お客さまの体験を
「より良いもの」に。

CX DESIGN フロー

  • 課題整理
  • ゴール定義
  • アクション
  • 分析
  • 改善