地方自治体

自治体ユースケース

特殊詐欺被害防止センター

手段が多様化する特殊詐欺が大きな社会問題となる中、弊社のコンタクトセンター構築・運営ノウハウや高い応対品質を活用し、詐欺への注意喚起、対応方法説明、事例紹介等を実施することで、詐欺被害を未然に防止します。

課題・背景

  • 住民の詐欺に対する危機意識を高め、被害を防止したい
  • 問合せや苦情等の対応など、職員の雑務を効率化したい
  • 県警ごとの業務フローに合わせてシステムを自由にカスタマイズしたい
  • 担当部署への取次など市民のたらいまわしを防止したい
  • 電話だけでなく、WebやLINE等の手段で情報収集をしたい

導入の効果

  • 被害前に注意喚起を実施し被害件数削減に貢献
  • 問合せや苦情等のインバウンド業務も実施することで職員稼働の削減
  • 県警ごとに違う業務フローを変更することなく、さらに業務の効率化を実現可能
  • FAQ等の整備によりコールセンターでのワンストップ対応を実現
  • WebやLINEを活用することで、これまで以上に気軽に情報収集が可能

運営イメージ

特殊詐欺被害を未然に防ぐために、注意喚起のアウトバウンドテレマを実施

事前に了承を得た架電リストへ、注意喚起の架電を実施。架電の際にはオペレーターの名乗りと業務の主旨丁寧に説明しますが、実際に電話を受けた住民からは「この電話が詐欺では無いのか!」と警戒されることもしばしばありますが、住民の方に警戒心を持っていただく事業となっており、応対状況は日々ご報告させていただきます。

前兆エリアに対して集中架電の実施

所管内地域で特殊詐欺被害が発生した場合、もしくは前兆があった場合は集中的に対象地域へ注意喚起の架電を実施し、被害を未然に防ぎます。
(例)この地域で特殊詐欺の事象報告がありました。無作為に犯人からの連絡等がある可能性がありますので、不審な電話や勧誘等には十分注意して下さい。

犯行・被害状況をスピーディに報告

架電の中で、住民から過去に不審な連絡等があったなどの情報収集が出来た場合、早急にご報告し、被害防止へ貢献します。

 

お役立ち資料 DOCUMENTS

  • 【Call Center Japan 特別号】品質評価のデジタル化がもたらす「新しいBPOビジネス」のカタチ

    インバウンド アウトバウンド ONE CONTACT Network (ニューノーマルCC運営基盤)

  • コロナ禍で変わる顧客接点 勝ち残るための在宅&デジタルシフトPart.2〜柔軟なセンター運営を実現する人材採用&育成

    インバウンド アウトバウンド 運用アセスメント ONE CONTACT Network (ニューノーマルCC運営基盤)

  • コロナ禍で変わる顧客接点 勝ち残るための在宅&デジタルシフト Part.1〜事例に見る「在宅」成功の秘訣

    インバウンド アウトバウンド ONE CONTACT Network (ニューノーマルCC運営基盤) VOC分析・コンサルティング 高度FAQコンサルティング

  • 脱・受け身のサービス!提案型コンタクトセンターのお客様応対改革【大手通信会社A様の改善事例】

    インバウンド アウトバウンド

  • カスタマエクスペリエンス・コンタクトセンター・サミットPart1 変わる消費者、進化迫られる「CX/CS戦略」-『デジタルシフト』の考察

    インバウンド アウトバウンド 音声認識ソリューション チャットソリューション

  • カスタマエクスペリエンス・コンタクトセンター・サミットPart2 「在宅シフト」が描くコンタクトセンターの明るい未来

    インバウンド アウトバウンド 音声認識ソリューション ONE CONTACT Network (ニューノーマルCC運営基盤)

  • 【Call Center Japan 特別号】「VOC」「FAQ」で“真の顧客視点”に向けたCX改革を提案

    インバウンド アウトバウンド 音声認識ソリューション 運用アセスメント VOC分析・コンサルティング 高度FAQコンサルティング