ソーシャルリスニングが企業に採用されている理由

現在ほど消費者の声が強い時代はない

SNSの普及による変化として、一番大きなことは、今ほど消費者の声がパワーを持っている時代はこれまでにないということ。
一昔前は、企業は、自分たちの発信する情報が消費者の購買行動に影響を与えるという前提のもと、キャンペーンを積極的に行い、CMやインターネット広告等による露出、情報発信量を競うことが大切でした。
ソーシャルメディアの普及により、消費者は自分と同じ立場の人の意見や、すでにサービスを利用している人、商品を購入した人とつながって、意見を簡単にもらうことがきるようになりました。

企業が発信する「企業本位の情報」よりも、消費者が発信する「ナマの声による情報」を消費者はより重視するようになっています。企業は、せっかく良い商品、サービスを提供し、お金をかけてプロモーションやキャンペーンを投入しても、ソーシャルメディア上の評判が悪いと、消費者の反応は圧倒的に悪くなります。

消費者の声を「見える化」して最適なプロモーションを決める

現代の企業にとって、ソーシャルメディアの中で、「自社がどのような評判、評価になっているかを知ること」はとても重要な取り組みになっています。今投資している活動が市場に効果的に作用しているのか、あるいはそうではないのか、どのような対策が必要なのか、それらはソーシャルリスニングによって明らかになります。

詳しい紹介ページはこちら
お問合せはこちら