ニュースリリースICT を活用したインバウンド向け観光推進への取り組みについて
~リアルタイム翻訳サービス「コムスメガネ(仮称)」実証実験実施と
訪日外国人向け多言語翻訳サービス「QR Translator」の導入~

2017年11月8日
堺市
西日本電信電話株式会社 関西事業本部
株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト

堺市(市長:竹山 修身)と西日本電信電話株式会社 関西事業本部(本社:大阪市中央区、取締役関西事業本部長:岸本 照之、以下、NTT西日本)は、2017年1月24日に締結した、ICTを活用したまちづくりに関する連携協定※1に基づき、ICTを活用したインバウンド向け観光推進に向けた取り組みとして、堺市内においてリアルタイム翻訳サービス「コムスメガネ(仮称)」の実証実験を始めます。また、堺市と株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト(本社:大阪市都島区、代表取締役社長:山本 博敏、以下、アクト社)は、堺市の観光関連施設に、QRコード※2で情報を読み取る訪日外国人向け多言語※3翻訳サービス「QR Translator※4」を提供いたします。

  • ※1 ICT を活用したまちづくりに関する連携協定の締結について(2017年1月24日)
    http://www.ntt-west.co.jp/news/1701/170124a.html
  • ※2 「QR コード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • ※3 堺市における対応言語は、日本語・英語・中国語(繁・簡)・韓国語・タイ語(一部標記なし)です。
  • ※4 「QR Translator」は株式会社 PIJIN の登録商標です。

1.「コムスメガネ(仮称)」の実証実験について

NTT西日本は現在検討中のリアルタイム翻訳サービス「コムスメガネ(仮称)」の実証実験として、堺市博物館に期間限定で配備し、訪日外国人が無料で利用できる環境を提供いたします。

リアルタイム翻訳サービス「コムスメガネ(仮称)」は、日本語または英語のガイド音声や簡易な会話をリアルタイムに翻訳し、聞き手が着用するARスマートグラスへ字幕表示※5させるサービスとして現在検討を進めています。堺市博物館において4台配備し、外国人観光客等が博物館に訪れた際に、実際に見学しながら、着用したARスマートグラス上でボランティアガイドの説明を翻訳した言語字幕で確認することが可能となります。

本実験では、「コムスメガネ(仮称)」の観光事業での活用に向けた技術的課題の検証を実施します。館内ガイドでの利用における音声認識精度・翻訳精度の検証、多様な訪日外国人が利用可能なユーザインターフェース等を検証します。

  • ※5 字幕表示対応言語は、日本語・英語・中国語(簡)・韓国語です。
実験期間 2017年11月11日(土)~2017年12月27日(水)
実施場所 堺市博物館
住所:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
開館時間:午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時30分まで)

2.「QR Translator」のトライアル導入について

堺市はアクト社とともに、堺市内において初めて、仁徳天皇陵古墳等 5ヵ所に「QR Translator」を活用いたします。

「QR Translator」とは、観光案内や飲食店メニュー等の情報を簡易に多言語化できるソリューションであり、約60の自治体等で利用されているサービスです。訪日外国人等が自身の携帯端末で施設等に設置した QRT※6コードを読み取ると、携帯端末の言語設定を認識して翻訳文を表示させます。

専用アプリのダウンロードは不要で、SNS連携や音声読み上げといった機能も標準で対応しており、様々な利用シーンで多言語対応をサポートします※7。また、QRT コードの読み取り結果から、各観光地の来訪日時や利用言語などといったアクセスデータを取得できますので、それらのデータを分析することで、今後の観光推進の取り組みへ反映させることができます。

  • ※6 「QR Translator」のロゴと QR コードが一体になったデータです。
  • ※7 多言語表示、音声読み上げ、位置情報表示にはFree Wi-Fi等のインターネット接続環境が必要です。なお、機種によりご利用できない場合がございます。
設置期間 2017年11月11日(土)~2017年12月27日(水)
設置場所 仁徳天皇陵古墳、履中天皇陵古墳、堺伝統産業会館、堺市博物館、堺市役所21階展望ロビー
※設置場所の詳細は【別紙2】のとおり

3.各社等の役割

堺市

実証実験及びトライアル設置のフィールドを提供します。

NTT西日本

「コムスメガネ(仮称)」の実証実験および検証を行います。

NTTマーケティングアクト

「QR Translator」の提供、運用サポートを行います。

4.今後の展開

「コムスメガネ(仮称)」については、実証実験の結果を踏まえ、実用化に向けた検討を行います。

「QR Translator」については、2018年度以降堺市内での設置場所を拡大し、訪日外国人向けのサービスを充実させていく予定です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

堺市 市長公室 広報部 シティプロモーション担当 浦部・飯田
TEL:072-228-7340(受付:平日9時~17時30分)
NTT西日本 関西事業本部 広報担当 山名・井上
TEL:06-6450-5821
NTTマーケティングアクト 関西支店 中井・小田
TEL:0120-928-406(受付:平日9時30分~17時)

  • ※ 電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。
  • ※ ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。
    現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。